ソリッドモデルの起源

出典:SOLID MODEL NET
移動: 案内検索


そもそも、ソリッドモデルという名称からわかるように、ソリッドモデルは、固まりである材料から作った飛ばない(動かない)ものということを前提にしている模型のことです。「Solid Model」または「Solid Scale Model」と呼ばれていることもあります。

現在、ソリッドモデルといえば、航空機の模型を指しますが、船舶やその他の乗り物の模型にもソリッドモデルが存在します。 ここでは、航空機のソリッドモデルに特化しています。ソリッドモデルというジャンルが確立されるまでの経緯を明らかにするため、ソリッドモデルの範疇に入らないと思われるものも含まれていることをおことわりします。

1908年~14年

 最初の模型飛行機ブームは、1908年頃から第一次世界大戦開始(1914)までのイギリスで起こったとされています。その前ぶれとして、1903年に人が搭乗した飛行を成功させたライト兄弟がヨーロッパを訪問し(1909)、地元ヨーロッパではファルマンやブレリオの飛行、パリの航空展示会(1908)、さらにドーバー海峡横断飛行の成功(1909)などの出来事があり、全般的な航空熱の興隆がありました。

 実物飛行機の成功や、次々に進歩・実現する記録的な飛行が背景にあった模型飛行機(飛ぶ模型)ブームでしたから、実機の姿に引っ張られる要素はあって当然です。従って、はじめに実物と同じ形の縮小模型飛行機、スケール・モデルが試みられました。これは実物の飛行機の存在が先行しているので、厳密な意味での「模型」「飛行機」になります。

 しかしながら、お手本となった実機そのものが技術的に未熟な段階で、辛うじて飛行を成功させていた状況でしたので、それを同じく未熟な技術で外形的にまねをしても、飛ぶことはきわめて困難でした。そのため、実機の外形を真似した「模型飛行機」は、すぐに淘汰されて姿を消してしまいました。

「スケールモデル」としての飛行機の模型が一般化してくるためには、もう少し、時間を要すことになります。この時期は、飛行させたいのに『Static Model』にならざるを得なかったものもあるということです。

オリンピア航空展のスケールモデル

一般人の趣味としてではなく、職人の製品としての「スケールモデル」のコンテストが、1911年のオリンピア[1]航空展において実施されています。この時期の万博でも相当な技術的なレベルの工芸製品が見られますので、下記のような製品も可能だったと考えられます。1/24(1'=1/2"という縮尺が、再現性と合わせると興味深いことです。

Olympia1911.jpg
Flight 1911 - 0415.jpg
これは、1911年のオリンピア航空ショーの技術部門1位の模型。 これは、G. P. Bragg Smith作の自動安定複葉機のスケールモデル。
Bleriot XI.jpg
技術部門2位 Bleriot XI 1/25 Willyboldt Birkinger作


1920年代

メディアの中のスケールモデル

FLIGHT」の中で、スケールモデルを製作している模型クラブが存在していることが読み取れます。 (ソリッドモデルとして製作しているかどうかは、未確認)

Flight 1920 july.jpg



赤で囲まれた記事

The H.P. Club Display
One club only (the Handley Page Model Club, under the energetic secretaryship of Mr. A. B. Hudson) exhibited, with a collection of 16 models made by members as follows :--Mr. G. P. Applebee, built-up-fuselage biplane, r.o.g. type ;Mr. R. Davy, biplane embodying an interesting system of all-wire construction ; Mr. A, B. Hudson, built up-fuselage biplane ; Mr. D. W. Wilson, a covered-in biplane, ingeniously thought out; Mr. N. A. Turner, tractor monoplane ; Mr.A. V. Piper, pusher-type monoplane ; Mr. M, H. Taylor, tractor biplane ; Mr. E, Sutton, glider for testing weather conditions; Mr. A. X, Clifton, pusher model of the I-I-P2type ; Messrs N, A. Turner and G. P. Applebee, twin-screw pusher type hydroplane ; Mr. R. Sheen, scale model 0.400 Handley Page; Mr. C. A. Pearce, scale model Ponnier monoplane, also a. scale model " Avro Baby " ; Messrs. A, B.Hudsonand U. W. Wilson, scale model D.H. 9 ; " The Club."scale model V.1500 Handley Page, built by the members in collaboration, and Mr. A. E. Mitchell, a twin fuselage tractor biplane.

「FLIGHT」1920年7月号

スケールモデルのパーツ販売

“Xactus”のMoth用の1/40の木製パーツ販売の広告が、1929年代の雑誌に見られます。

FLIGHT 1929 9.jpg

SOMETHING ENTIRELY NEW.BUILD YOUR OWN SCALE MODEL.
Box of“XACTUS”Model Parts in wood, 1/40th scale.Series I “ Moth” comprises correctly cambered Body Planes, Tail Planes, Rudder, Struts, Tank,Propeller, Wheels, etc. Complete with blue print and directions. Patent applied for. Price 6/6(postage 6d. extra C.O.D.). Also Supermaiine S6 Motor Mascots, corrett in detail, acknowledged by leading people to be the finest motor mascot yet produced. £3 3s. All classes of wood model work undertaken for the trade. “ Xactus”Models.W. H. Lan'e. 162, Sydenham Road North. Croydon.
FLIGHT 1929年9月号


1930年代

出版物

1933年に出版されているSTEVENS, James Hay著「Scale Model Aircraft」は、現在のソリッドモデルの基本といえる製作方法が記載されています。縮尺は、1/36または、1/72としており、第1次大戦機の三面図も記載されています。

SCALE MODEL AIRCRAFT BOOK.jpg
SCALE MODEL AIRCRAFT Hawker.jpg
「Scale Model Aircraft」
STEVENS, James Hay著
John Hamilton Ltd.
1933 発行
内容は、現在のソリッドモデルの基本となるようなものです。しかし、本文には、ソリッドモデルの文字はありません。


ソリッドモデルキット

SkyBirdsは、英国においてA. J. Holladayのプロデュース、Stevens, James Hayのデザインによる1/72のスケールに統一された木とメタルの模型のキットです。 この当時の雑誌の広告には、“scale solid non-flying aeronautical models”(飛ばない固まりの縮尺航空機模型)と記述されています。

80種類ほどのキットが、1932年から45年まで生産されました。1/72は、この後のFrog社やAirfix社の製品の規格になりました。

SkyBirdsのキット
Skybirds fokker d-vii.jpg
Skybirds kit.jpg
SkyBirds Fokker D-vii Airspeed Courierのキット
Pollitt1940 Ad Skybirds.jpg
SCALE PLANS OF MILITARY AIRCRAFTの広告
Pollitt1940 Ad Skybirds closeup.jpg
scale solid non-flying aeronautical modelsの記述
SKYBIRDS-Diorama.jpg
SKYBIRDSのジオラマ


Maircraft社のDouglas DC-3のソリッドモデルキット
Mairdc3clr.jpg
 
Mairdc3bk.jpg
 
Mairdc3kit.jpg
 
雑誌の広告 キットの組立図 キットの全容

ソリッドモデルキットの図面

HAWK社
Hawk Bristolb.jpg

Bristol Bulldog


メディアの中のソリッドモデル

航空機関係の雑誌や模型雑誌にソリッドモデルの制作記事掲載され始めるのは、30年台半ばからです。

Fa-6-41.jpg

1941年6月号表紙


FLYNG ACESの1938年4月号の中に見られる「Solid Model」の文字(緑の下線)

Sss 1.jpg



1940年代

ソリッドモデル製作技術の書籍

「Solid Scale Model Aircraft」 J.H. Elwell著 1941年 英国

Solidscalemodelaircraftsm.jpg

Contents

Chapter 1 WHY WE BUILD “SOLID”

Chapter 2 THE CHOICE OF TOOLS

Chapter 3 GENERAL DESINGN

Chapter 4 MATERIALS TO USE

Chapter 5 COMMENCING THE BUILDING

Chapter 6 METHODS OF FINISHING THE FUSELAGE,WINGS AND TAIL SURFACES

Chapter 7 ASSEMBLY,FILLETS,STRUTS AND UNDER CARRIAGES

Chapter 8 DETAILS

Chapter 9 FINISHING,PAINTING AND RIGGING

chapter 10 PHOTOGRAPHY,REALISTIC BACK GROUNDS AND SETTINGS

Plan 1 THE BOULTON-PAUL “DEFIANT”

Plan 2 THE HAWKER “HURRICANE”

Plan 3 THE SUPERMARINE “SPITFIRE”

Plan 4 THE HEINKEL He 111K MK.Va


Solidscalemodelaircraft01.jpg Solidscalemodelaircraft02.jpg
製作記事 スピットファイアーの図面
Woodasondefiant.jpg Woodasonbeaufort.jpg
Boulton-Paul "Defiant" - P15 Woodason作
Bristol "Beaufort" - P28 Woodason作
Woodasonhe111kmkva.jpg
 
Heinkel He 111K mk.Va - P68 Woodason作
 

「Scale Model Aircraft」 V.J.G. Woodason著 1943発行

Woodasonsmaiw.jpg
Scale Model Aircraft in Wood 1978年 改訂版

プラスティックの発明と戦時下の識別用模型の大量生産をプラスティックで制作していくことになり、急速に商業模型は、プラモデルに置き換わっていく。ソリッドモデルは、より精巧なフルスクラッチモデルの道を歩むことになる。

第2次大戦前の日本のソリッドモデル

模型製作技術の書籍

實體飛行機模型の製作敎書

「實體飛行機模型の製作敎書」
白木克良着
高千穂書房
昭和19 [1944]
187 p
Text airplane 1944.jpg  目次
アートページ
まえがき
第1章 実体飛行機模型の意義
第2章 実体模型の製作用具
第3章 実体模型用木材
第4章 製作準備工程
第5章 原型工程
第6章 部品製作
第7章 削成及び木地仕上げ
第8章 原型組立
第9章 塗料及び塗装
第10章 ラッカー塗装
第11章 組立完成
文中より 「従来玩具としてしか考えられていなかった実体飛行機模型も、大東亜戦争に入るに及んで有難くも軍の起用するところとなり、----敵機種の識別とその検討に、本模型の持つ効用は大きく且つ広くなって参りました」
「昭和十七年の第三回航空日に、海軍省軍務局第四課よりの下命で、吾が国最初の所謂ソリッド・モデル[2]のみの展覧会を銀座の某百貨店で開催----」


キットの販売

JNMC にしき屋飛行機店は、戦中にソリッドモデルのキットを販売している。

JNMC01.jpg
JNMC02.jpg
JNMC03.jpg
JNMC カタログ キットの写真 価格表


脚注

  1. オリンピアは、ロンドンにある見本市会場です。
  2. “ソリッドモデル”という言葉がいつから日本で使われるようになったのかは調査中