ソリッドモデルの製作

出典:SOLID MODEL NET
移動: 案内検索
ソリッドモデルの製作については、ソリッドモデルクラブなどで、伝達される以外は、現時点で製作ガイドは、存在していません。ここでは、一般的なソリッドモデルの製作を説明していきます。
 
 
  製作ガイドブック

製作ガイドブック

ソリッドモデルがアマチュアの趣味として成立した時期に技術書やガイドブックが出版されました。

その中でも1933年に出版された「Scale Model Aircraft」は、それ以降のソリッドモデルやスケールモデルの製作方法の基準になったといっても過言ではありません。

日本においては、「世界の航空機」や「航空ファン」にアマチュアの製作記事が連載され始め、全国にソリッドモデルが浸透していくことにつながりました。

Guidebook.jpg
製作の基本的なノウハウは、製作ガイドブックを参照してください。
 
 
  製作記事

製作記事

例えば、零戦と4発のジェット旅客機では、その作り方に大きな違いがあります。言い換えると、機種ごとに製作方法は、違ってくるものです。

空のピエロ氏こと大町雅美氏の記事は、単発と双発を含んでおり、50年経った現時点でも多くの示唆を含んだ製作ガイドです。また、2009年に惜しくも逝去された福田和氏の“Fw190-D9 ”の制作記事[1]は、ご自身の解説と写真で構成されており、単発機の製作記事の最良のものです。

“空のピエロ”の製作記事

福田和の“Fw190-D9 ”の作り方

高見保市氏の製作記事

F8F “Conquest 1”の作り方

Making Solid Title.svg

脚注

  1. 福田氏自身、「制作」という表現を使っておられますので、ここでは、「制作記事」と表記します。